無添加石鹸と洗剤を徹底比較

石鹸(無添加石鹸)と洗剤の違い

無添加石鹸とは添加物が入っていない石鹸の事ですが、そもそも石鹸と、合成洗剤の明確な違いは何でしょうか。

一般的に石鹸と言うと、四角い固形のものをイメージする方が殆どかと思いますが、液体のものでも石鹸は石鹸です。反対に、四角いブロック状のものでも石鹸ではなく合成洗剤に分類されるものも存在します。つまり外見だけでは石鹸なのか合成洗剤なのかは区別がつきません。

では何で見分けるかと言うと、当然ながら成分をもとに判断します。まず共通しているのが石鹸も合成洗剤も界面活性剤だと言う事です。そして界面活性剤の中でも純石鹸分100%から成るものは「石鹸」と呼ばれ、「石鹸以外の界面活性剤」=「合成界面活性剤」=「一般的に言うところの洗剤」が入っているものは「複合石鹸」や「合成洗剤」と呼ばれています。

つまり純石鹸分意外の界面活性剤が入っているものは「石鹸」ではありません。さらに無添加石鹸となると、石鹸の中でも添加物が入っていないものを指しますが、これに関しては明確な規定がないため、現状はあいまいな利用のされかたをしていますが、化学添加剤が入っていないものを「無添加石鹸」、さらに石鹸素地(またはその原料)と水以外のものが入っていないものを「完全無添加石鹸」と呼ぶ事が多いようです。名称が多く混乱しそうですが、石鹸を選ぶ際はよく成分を確認し、最低限旧指定成分や防腐剤、金属封鎖剤、香料が入っていないものを選ぶのが良いでしょう。

その他、純石鹸と呼ばれるものもあります。これは石鹸の成分のうち98%以上が石鹸分であるものを指す事が多いですが、JIS規格(日本工業規格)では93%以上となります。

合成洗剤、石鹸、無添加石鹸、純石鹸の違い、分りましたでしょうか。